2種類の返済方法について

じぶん銀行のじぶんローンでは2種類の返済方法が有り、自分に都合の良い方を選ぶことができます。ローンを利用する場合は、約定日に返済しないと遅延損害金が発生しますし、信用情報機関にも延滞の記録が残ってしまうので、返済日にはきちんと返済するようにしましょう。

 

まず、一つの返済方法は、提携ATMでの返済です。ATMを利用する場合は、ローンカードを使って、毎回の約定返済日までに提携ATMで入金します。毎回の約定返済額に加え、臨時返済も可能です。約定返済額は、返済時点の借入残高に応じた額となります。たとえば、借入利率15%以上で借り入れ残高が10万円なら約定返済額は、3,000円になります。返済日は「期日指定返済」または「35日ごと返済」のいずれかを選択できます。「期日指定返済」は、毎月の返済日を自分で指定して返済できます。希望の指定日が毎月の返済期日となります。当月の返済期日が土・日・祝休日などになった場合は、翌平日の返済となります。「35日ごと返済」は35日ごとに返済する方法で、初回の返済は、借入日の翌日から起算して35日目、2回目以降は直近返済日の翌日から35日目が返済期日となります。なお、返済期日・返済サイクルの変更も可能です。

 

もう一つは、「自動支払い返済」でじぶん銀行円普通預金口座から、毎回の約定返済日に自動支払で返済する方法です。返済額は、毎回の約定返済額のみとなります。また、約定返済サイクルは、期日指定返済のみとなります。

 

自分ローンは、借入利率12%以下で10万円を借りた場合は、返済額が月々最低1,500円となり、月々の支払いは楽ですが、毎月最低返済額しか支払わないとなかなか完済できません。ですから、余裕のあるときには多めに返済できる、ATMでの返済がおすすめです。ATMの利用料も無料なので余分なお金もかかりません。ただ、毎回のATMでの返済が面倒とか、返済するのを忘れそうという方なら、「自動支払い返済」がいいでしょう。ご自分の都合に合わせて選択してください。